【Swift】UIImage | ポケットリファレンス サンプル付き

UIImage サンプル

サンプルで動作を確認 コピーペーストで確認できます。

// ローカルのファイルを読み込んでイメージを作成する。
let uiImage : UIImage? = UIImage(named: "local_image_name")


// Url を指定してイメージを作成する。
// 2.0 以降は try catch にて処理
do {
    // 読み込むファイルの URL をしていします。
    let url : NSURL = NSURL(string:"http://example.com/test.gif")!
    // URL を指定して実際にファイルを NSData として読み込みます。
    let imageData : NSData = try NSData(contentsOfURL:url,options: NSDataReadingOptions.DataReadingMappedIfSafe)
    // 読み込んだ NSData を UIImage へ変換します。
    let img : UIImage! = UIImage(data:imageData)
} catch {
    print("Exception")
}

UIImage 概要

画像を扱う時に利用するクラスになります。

サポートしているファイルの種類

TIFF

.tiff, .tif

JPEG

.jpg, .jpeg

GIF

.gif

PNG

.png

DIB

.bmp, .BMPf

Windows Icon Format

.ico

Windows Cursor

.cur

X Window System bitmap

.xbm

おすすめの本

 

タイトルとURLをコピーしました