git add の取り消し、add したファイルを戻す git reset のやり方

間違えて、git add で追加しまった時の対応方法

ここでは、間違えた時に元に戻す方法を解説します。

先に取り消し方法を記述すると

$ git reset HEAD test.txt

となります。

また、ステージング(add した時に追加される場所)に追加されている全てのファイルを取り消す場合は、

$ git reset HEAD .

「.」ドットを指定します。

実際に取り消す時の状況としては、

$ git add text.txt

「まちがえた」(ファイルを間違えて add してしまった)

$ git reset HEAD test.txt

「追加の取り消し」(追加したファイルを追加前の状態に戻す)

となります。

git add コマンドはコミット前に対象ファイルを選択する操作なので気軽に追加、削除して問題ありません。

ただし、削除や移動した場合、再度、「rm」「mv」などを忘れないようにしましょう。

$ git rm text.txt

$ git mv test.txt move/

タイトルとURLをコピーしました