【Swift】UITextView | ポケットリファレンス サンプル付き

UITextView サンプル

サンプルで動作を確認 コピーペーストで確認できます。

全体をコピー後、不必要な部分を削除することでコーディングを素早くできます。

UITextView 概要

UIKit の テキストビュー

  • Import Statement
    import UIKit
  • Available
    iOS 2.0 and later
  • Inherits
    UIScrollView

イニシャライザー (初期化)

■ init(frame frame: CGRect, textContainer textContainer: NSTextContainer?)

プロパティ

■ attribute(持っている属性全て)を設定、または取得します。
@NSCopying var attributedText: NSAttributedString!

■ テキストのフォントを設定、取得
var font: UIFont?

■ テキストのカラーを設定、取得
var textColor: UIColor?

■ テキストの編集を可能にするかどうかのフラグ
var allowsEditingTextAttributes: Bool

■ テキストに設定されている文字の位置を設定、取得
var textAlignment: NSTextAlignment

■ 入力中のテキストの色を設定
var typingAttributes: [String : AnyObject]

■ リンクのテキストの色を設定
var linkTextAttributes: [String : AnyObject]!

■ var textContainerInset: UIEdgeInsets

■ レンジで指定した位置を選択状態にする。
var selectedRange: NSRange

■ レンジで指定した位置を画面内に表示
func scrollRangeToVisible(_ range: NSRange)

■ テキスト入力時に以前の内容をクリアするかどうかのフラグ
var clearsOnInsertion: Bool

■ 選択を可能にするかどうかのフラグ
var selectable: Bool

■ デリゲートを設定
weak var delegate: UITextViewDelegate?

■ インプットにビューを設定
var inputView: UIView?

■ キーボードの上部にビューをセットする
var inputAccessoryView: UIView?

■ var layoutManager: NSLayoutManager { get }

■ var textContainer: NSTextContainer { get }

■ var textStorage: NSTextStorage { get }

Notifications

■ let UITextViewTextDidBeginEditingNotification: String

■ let UITextViewTextDidChangeNotification: String

■ let UITextViewTextDidEndEditingNotification: String

設定できる文字の位置の種類

■ NSTextAlignment

設定できる文字の位置の種類一覧

おすすめの本

スポンサーリンク

フォローする