スポンサーリンク

Xcode (最新、ベータ、過去)をダウンロードする3つの方法、まとめ

スポンサーリンク

Xcode の最新、ベータ版、過去バージョンのダウンロード方法

先に xcode の ダウンロード リンクを掲載すると、下記になります。
(詳しいやり方は後ほど解説します、先にコマンドを知りたい方用)

※ ダウンロードには Apple ID が必要になります。(登録、無料)
(未登録の方は、下記リンクを参考にして登録後、ダウンロードすることができます)
https://support.apple.com/ja-jp/apple-id

※ AppStoreからのダウンロードの場合、アプリケーション フォルダへ自動的に格納されます。
おすすめは、それ以外の方法でダウンロードし、バージョンごとにフォルダを分けて格納すると、バージョンを切り替えて開発することができますので、おすすめします。たまに最新版に不具合があることがあります。

詳しいダウンロード方法

AppStore

最新版のダウンロードリンク
https://apps.apple.com/jp/app/xcode/id497799835?mt=12

こちらのリンクを表示すると、「App Store.app を開きますか?」と聞かれます。

「App  Store.app を開く」をクリックするとアプリが開きます。

入手をタップすると、無料でダウンロードすることができます。

※ ダウンロードには Apple ID が必要になります。(登録、無料)

Apple Developer

※ ダウンロードには Apple ID にてログインする必要があります。(登録、無料)

最新、ベータ版、過去、をダウンロードする場合のリンク

https://developer.apple.com/download/more/

こちらでは、「最新」「ベータ版」「過去」、つまり、全てのバージョンが表示され、個別にダウンロードすることができます。

リンクを表示すると、全てのアプリケーション、バージョンが表示されます。

見つけにくい場合は、絞り込む必要があります。

左側の検索ボックスの下の「CATEGORIES」にて「Developer Tools」だけにチェックを入れると絞り込まれ、Xcode を探しやすくすることができます。

ダウンロードしたいバージョンをクリックすると、展開します。

右側の「Xcode xx.x.xip」をクリックしてダウンロードしてください。

ダウンロード後、ダブルクリックすると解凍されてアプリケーションになりますので、好きなフォルダへ格納し実行できます。

ベータ版をダウンロードする場合のリンク

https://developer.apple.com/download/

ベータ版だけが、表示されますので探す手間が省けます。

ベータ版が存在しない場合は、表示されません(ベータ版からリリース版へ移行済み、ベータ版が存在しない場合など)。

「Applications」タブをクリックすると現在ダウンロード可能なアプリが表示されます。

最新版をダウンロードする場合のリンク

https://developer.apple.com/download/release/

「Applications」タブをクリックすると表示されますが、結局は AppStore へ遷移します。単純に、最新版をインストールしたい場合は、こちらよりダウンロードしましょう。

Xcode 以外、 AppStore でダウンロードできないアプリの場合はこちらでダウンロードすることができます。

タイトルとURLをコピーしました