【Swift】UIImageView | ポケットリファレンス サンプル付き

UIImageView サンプル

サンプルで動作を確認 コピーペーストで確認できます。

// 表示するイメージビューを作成
let uiImageView : UIImageView = UIImageView()

// 表示する位置と大きさを設定
uiImageView.frame = CGRectMake(0,0,100,120)

// ローカルのファイルを読み込んでイメージを作成する。
let uiImage : UIImage? = UIImage(named: "image.png")
// 作成したイメージをイメージビューへセット
uiImageView.image = uiImage

// タップを有効にする。
uiImageView.userInteractionEnabled = true;

// タグを設定する。
uiImageView.tag = 1;

// 表示する画像のアスペクト比を設定する。
uiImageView.contentMode = UIViewContentMode.ScaleToFill

// イメージビューを画面にセットする。
self.view.addSubview(uiImageView)

UIImageView 概要

画像を表示する時に利用します。

画面の向き

UIViewContentMode

画面の向き一覧

// 縦横比を無視して全体表示
ScaleToFill
// 縦横比を壊さず長い方に基準を合わせて最大表示
ScaleAspectFit
// 縦横比を壊さずに短い方を基準に最大表示切れた部分は表示されません。
ScaleAspectFill
// ビューサイズ変更時自動で再描画されるそうです。
Redraw
// 画像サイズを変更せずに中央に寄せて表示
Center
// 画像サイズを変更せずに上部に寄せて表示
Top
// 画像サイズを変更せずに下部に寄せて表示
Bottom
// 画像サイズを変更せずに左に寄せて表示
Left
// 画像サイズを変更せずに右に寄せて表示
Right
// 画像サイズを変更せずに上左に寄せて表示
TopLeft
// 画像サイズを変更せずに上右に寄せて表示
TopRight
// 画像サイズを変更せずに下左に寄せて表示
BottomLeft
// 画像サイズを変更せずに下右に寄せて表示
BottomRight
おすすめの本

 

タイトルとURLをコピーしました