【Swift】UIScreen | ポケットリファレンス サンプル付き

UIScreen サンプル

サンプルで動作を確認 コピーペーストで確認できます。

// 画面全体のサイズを取得します。
let mainBounds : CGRect = UIScreen.mainScreen().bounds

// 画面全体の横幅のサイズをポイントサイズで取得します。
let boundsWidth = mainBounds.width
// 画面全体の縦幅のサイズをポイントサイズで取得します。
let boundsHeight = mainBounds.height

// デバック表示
print(boundsWidth)
print(boundsHeight)


// ステータスバーの領域を除いた画面のサイズを取得します。
let mainApplicationFrame : CGRect = UIScreen.mainScreen().applicationFrame

// ステータスバーを除いた横幅のサイズをポイントサイズで取得します。
let mainApplicationFrameWidth = mainApplicationFrame.width
// ステータスバーを除いた縦幅のサイズをポイントサイズで取得します。
let mainApplicationFrameHeight = mainApplicationFrame.height

// デバック表示
print(mainApplicationFrameWidth)
print(mainApplicationFrameHeight)

UIScreen 概要

UIScreen クラスから画面のサイズ情報を取得します。

  • Import Statement
    import UIKit
  • Available
    iOS 2.0 and later
  • Inherits
    NSObject
おすすめの本

 

タイトルとURLをコピーしました