【Swift】UIButton | ポケットリファレンス サンプル付き

UIButton サンプル

サンプルで動作を確認 コピーペーストで確認できます。

全体をコピー後、不必要な部分を削除することでコーディングを素早くできます。

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)

// ボタンに設定されている UILabel を取得
let uiLabel : UILabel = button.titleLabel!
// ノーマル状態時のタイトルを取得
let stateTitle : String = button.titleForState(UIControlState.Normal)!

// ステートを指定して、タイトルを設定
button.setTitle("タイトル",forState:UIControlState.Normal)

// ステートを指定して、アトリビュートを設定
let attribute : NSAttributedString = NSAttributedString(
    string: "bold",
    attributes:  [NSFontAttributeName: UIFont(name: "HiraKakuProN-W6", size: 20)!]
)
button.setAttributedTitle(attribute, forState: UIControlState.Normal)

// ステートを指定して、アトリビュートを取得
let attributedString : NSAttributedString = button.attributedTitleForState(UIControlState.Normal)!

// ステートを指定して、タイトルに設定されている色を取得
let color : UIColor = button.titleColorForState(UIControlState.Normal)!

// ステートを指定して、タイトルの色を設定
button.setTitleColor(UIColor.redColor(), forState: UIControlState.Normal)

//ステートを指定して、タイトルのシャドウ色を取得
let shadowColor : UIColor = button.titleShadowColorForState(UIControlState.Normal)!

// ステートを指定して、タイトルのシャドウ色を設定
button.setTitleShadowColor(UIColor.redColor(), forState: UIControlState.Normal)

// タップ時にシャドウのオフセットを反転させる
button.reversesTitleShadowWhenHighlighted = true
// タップ時にシャドウのオフセットを反転させる設定の状態を取得
let reversesTitleShadowWhenHighlighted : Bool = button.reversesTitleShadowWhenHighlighted

// タップ時に画像を反転させる設定の有効、無効
button.adjustsImageWhenHighlighted = true
// タップ時に画像を反転させる設定の有効、無効を取得
let adjustsImageWhenHighlighted : Bool = button.adjustsImageWhenHighlighted

// ボタンが無効時に画像が変更されるかを設定
button.adjustsImageWhenDisabled = true
// ボタンが無効時に画像が変更されるかの設定を取得
let adjustsImageWhenDisabled : Bool = button.adjustsImageWhenDisabled

// ボタンタップ時にハイライトさせるかの設定
button.showsTouchWhenHighlighted = true
// ボタンタップ時にハイライトさせるかの設定を取得
let showsTouchWhenHighlighted : Bool = button.showsTouchWhenHighlighted

// ステートを指定して、設定されているバックグランド画像を取得
let backgroundImage : UIImage = button.backgroundImageForState(UIControlState.Normal)!

// ステートを指定して、設定されている画像を取得
let uiImage : UIImage = button.imageForState(UIControlState.Normal)!

// UIImage を作成
let setImage : UIImage = UIImage(imageLiteral: "test.png")
// ステートを指定して、バックグランド画像を設定
button.setBackgroundImage(setImage, forState: UIControlState.Normal)

// ステートを指定して、画像を設定
button.setImage(setImage, forState: UIControlState.Normal)

// ボタンに色を設定
button.tintColor = UIColor.orangeColor()
// ボタンの色を取得
let tintColor : UIColor = button.tintColor

// ボタンに設定されているタイプを取得
let buttonType : UIButtonType = button.buttonType

// ボタンのタイトルを取得
let currentTitle : String = button.currentTitle!

// ボタンのアトリビュートを取得
let currentAttributedTitle : NSAttributedString = button.currentAttributedTitle!

// ボタンの色を取得
let currentTitleColor : UIColor = button.currentTitleColor

// ボタンのシャドウ色を取得
let currentTitleShadowColor : UIColor = button.currentTitleShadowColor!

// ボタンの画像を取得
let currentImage : UIImage = button.currentImage!

// ボタンの背景画像を取得
let currentBackgroundImage : UIImage = button.currentBackgroundImage!

// ボタンの画像をUIImageViewで取得
let imageView : UIImageView = button.imageView!

// ボタンタップ時に画像が変更されるかを設定
button.adjustsImageWhenHighlighted = true
// ボタンがタップ時に画像が変更されるかの設定を取得
let adjustsImageWhenHighlighted2 : Bool = button.adjustsImageWhenHighlighted

self.view.addSubview(button)

UIButton 概要

UIKit のボタンを表示時に利用します。

  • Import Statement
    import UIKit
  • Available
    iOS 2.0 and later
  • Inherits
    UIControl

利用できるボタンの種類

ステートの状態一覧
UIButtonType.Custom
UIButtonType.System
UIButtonType.DetailDisclosure
UIButtonType.InfoLight
UIButtonType.InfoDark
UIButtonType.ContactAdd

イニシャライザー (初期化)

■ ボタンの種類を指定してボタンを作成
convenience init(type buttonType: UIButtonType)

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)

インスタンスメソッド

■ ステートを指定してタイトルを取得
func titleForState(_ state: UIControlState) -> String?

ステートに関しては、UIControl ドキュメントを参照

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ノーマル状態時のタイトルを取得
let stateTitle : String = button.titleForState(UIControlState.Normal)!

■ システムボタンを指定してボタンを作成
func setTitle(_ title: String?, forState state: UIControlState)

ステートに関しては、UIControl ドキュメントを参照

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ステートを指定して、タイトルを設定
button.setTitle("タイトル",forState:UIControlState.Normal)

■ ステートを指定して、アトリビュートを取得
func attributedTitleForState(_ state: UIControlState) -> NSAttributedString?

ステートに関しては、UIControl ドキュメントを参照

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ステートを指定して、アトリビュートを取得
let attributedString : NSAttributedString = button.attributedTitleForState(UIControlState.Normal)!

■ ステートを指定して、アトリビュートを設定
func setAttributedTitle(_ title: NSAttributedString?, forState state: UIControlState)

ステートに関しては、UIControl ドキュメントを参照

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ステートを指定して、アトリビュートを設定
let attribute : NSAttributedString = NSAttributedString(
    string: "bold",
    attributes:  [NSFontAttributeName: UIFont(name: "HiraKakuProN-W6", size: 20)!]
)
button.setAttributedTitle(attribute, forState: UIControlState.Normal)

■ ステートを指定して、タイトルに設定されている色を取得
func titleColorForState(_ state: UIControlState) -> UIColor?

ステートに関しては、UIControl ドキュメントを参照

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ステートを指定して、タイトルに設定されている色を取得
let color : UIColor = button.titleColorForState(UIControlState.Normal)!

■ ステートを指定して、タイトルの色を設定
func setTitleColor(_ color: UIColor?, forState state: UIControlState)

ステートに関しては、UIControl ドキュメントを参照

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ステートを指定して、タイトルの色を設定
button.setTitleColor(UIColor.redColor(), forState: UIControlState.Normal)

■ ステートを指定して、タイトルのシャドウ色を取得
func titleShadowColorForState(_ state: UIControlState) -> UIColor?

ステートに関しては、UIControl ドキュメントを参照

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ステートを指定して、タイトルのシャドウ色を取得
let shadowColor : UIColor = button.titleShadowColorForState(UIControlState.Normal)!

■ ステートを指定して、タイトルのシャドウ色を設定
func setTitleShadowColor(_ color: UIColor?, forState state: UIControlState)

ステートに関しては、UIControl ドキュメントを参照

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ステートを指定して、タイトルのシャドウ色を設定
button.setTitleShadowColor(UIColor.redColor(), forState: UIControlState.Normal)

■ ステートを指定して、設定されているバックグランド画像を取得
func backgroundImageForState(_ state: UIControlState) -> UIImage?

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ステートを指定して、設定されているバックグランド画像を取得
let uiImage : UIImage = button.backgroundImageForState(UIControlState.Normal)!

■ ステートを指定して、設定されている画像を取得
func imageForState(_ state: UIControlState) -> UIImage?

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ステートを指定して、設定されている画像を取得
let uiImage : UIImage = button.imageForState(UIControlState.Normal)!

■ ステートを指定して、バックグランド画像を設定
func setBackgroundImage(_ image: UIImage?, forState state: UIControlState)

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// UIImage を作成
let setImage : UIImage = UIImage(imageLiteral: "test.png")
// ステートを指定して、バックグランド画像を設定
button.setBackgroundImage(setImage, forState: UIControlState.Normal)

■ ステートを指定して、画像を設定
func setImage(_ image: UIImage?, forState state: UIControlState)

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ステートを指定して、画像を設定
button.setImage(setImage, forState: UIControlState.Normal)

■ func backgroundRectForBounds(_ bounds: CGRect) -> CGRect

■ func contentRectForBounds(_ bounds: CGRect) -> CGRect

■ func titleRectForContentRect(_ contentRect: CGRect) -> CGRect

■ func imageRectForContentRect(_ contentRect: CGRect) -> CGRect

プロパティ

■ タップ時にシャドウのオフセットを反転させるかを設定、取得
var reversesTitleShadowWhenHighlighted: Bool

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// タップ時にシャドウのオフセットを反転させる
button.reversesTitleShadowWhenHighlighted = true
// タップ時にシャドウのオフセットを反転させる設定の状態を取得
let reversesTitleShadowWhenHighlighted : Bool = button.reversesTitleShadowWhenHighlighted

■ タップ時に画像を反転させる設定の有効、無効を設定、取得
var adjustsImageWhenHighlighted: Bool

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// タップ時に画像を反転させる設定の有効、無効
button.adjustsImageWhenHighlighted = true
// タップ時に画像を反転させる設定の有効、無効を取得
let adjustsImageWhenHighlighted : Bool = button.adjustsImageWhenHighlighted

■ ボタンが無効時に画像が変更されるかを設定
var adjustsImageWhenDisabled: Bool

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ボタンが無効時に画像が変更されるかを設定
button.adjustsImageWhenDisabled = true
// ボタンが無効時に画像が変更されるかの設定を取得
let adjustsImageWhenDisabled : Bool = button.adjustsImageWhenDisabled

■ ボタンタップ時にハイライトさせるかの設定
var showsTouchWhenHighlighted: Bool

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ボタンタップ時にハイライトさせるかの設定
button.showsTouchWhenHighlighted = true
// ボタンタップ時にハイライトさせるかの設定を取得
let showsTouchWhenHighlighted : Bool = button.showsTouchWhenHighlighted

■ ボタンに色を設定、取得
var tintColor: UIColor!

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ボタンに色を設定
button.tintColor = UIColor.orangeColor()
// ボタンの色を取得
let tintColor : UIColor = button.tintColor

■ var contentEdgeInsets: UIEdgeInsets

■ var titleEdgeInsets: UIEdgeInsets

■ var imageEdgeInsets: UIEdgeInsets

■ ボタンに設定されているタイプを取得
var buttonType: UIButtonType { get }

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ボタンに設定されているタイプを取得
let buttonType : UIButtonType = button.buttonType

■ ボタンのタイトルを取得
var currentTitle: String? { get }

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ボタンのタイトルを取得
let currentTitle : String = button.currentTitle!

■ ボタンのアトリビュートを取得
var currentAttributedTitle: NSAttributedString? { get }

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ボタンのアトリビュートを取得
let currentAttributedTitle : NSAttributedString = button.currentAttributedTitle!

■ ボタンの色を取得
var currentTitleColor: UIColor { get }

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ボタンの色を取得
let currentTitleColor : NSAttributedString = button.currentTitleColor

■ ボタンのシャドウ色を取得
var currentTitleShadowColor: UIColor? { get }

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ボタンのシャドウ色を取得
let currentTitleShadowColor : UIColor = button.currentTitleShadowColor!

■ ボタンの画像を取得
var currentImage: UIImage? { get }

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ボタンの画像を取得
let currentImage : UIImage = button.currentImage!

■ ボタンのバックグランド画像を取得
var currentBackgroundImage: UIImage? { get }

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ボタンの背景画像を取得
let currentBackgroundImage : UIImage = button.currentBackgroundImage!

■ ボタンの画像をUIImageViewで取得
var imageView: UIImageView? { get }

// システムボタンを指定してボタンを作成
let button : UIButton = UIButton(type: UIButtonType.System)
// ボタンの画像をUIImageViewで取得
let imageView : UIImageView = button.imageView!
おすすめの本

 

タイトルとURLをコピーしました