【Swift】UISlider | ポケットリファレンス サンプル付き

UISlider サンプル

サンプルで動作を確認 コピーペーストで確認できます。

// スライダーを作成
let uiSlider : UISlider = UISlider()

// 表示する位置と大きさを設定
uiSlider.frame = CGRectMake(0,0,100,120)

// スライダーの現在値を設定
uiSlider.value = 100.0

// スライダーの最小値を設定
uiSlider.minimumValue = 0.0

// スライダーの最大値を設定
uiSlider.maximumValue = 500.0

// ローカルのファイルを読み込んでイメージを作成する。
let minimumValueImage : UIImage? = UIImage(named: "minimumValueImage.png")
uiSlider.minimumValueImage = minimumValueImage

// ローカルのファイルを読み込んでイメージを作成する。
let maximumValueImage : UIImage? = UIImage(named: "maximumValueImage.png")
uiSlider.maximumValueImage = maximumValueImage

// スライダー変更時のイベントのタイミングをスライダー変更中は通知しない。
uiSlider.continuous = false

// セグメントボタン押下時に実行するメソッドを設定
uiSlider.addTarget(self, action: "sliderChanged:", forControlEvents: UIControlEvents.ValueChanged)

// テキストフィールドを View へ設定
self.view.addSubview(uiSlider)



// セグメントボタン押下時に実行するメソッド
func sliderChanged(sender: UISlider){
    print("sliderChanged")
}

UISlider 概要

スライダーを利用時に使用します。

おすすめの本

 

タイトルとURLをコピーしました