【Swift】UISegmentedControl | ポケットリファレンス サンプル付き

UISegmentedControl サンプル

サンプルで動作を確認 コピーペーストで確認できます。

// セグメントに設定するボタンを配列で作成
let array : NSArray = ["有料","無料","全て"]

// 配列からその数だけボタンを作成
let uiSegmentedControl: UISegmentedControl = UISegmentedControl(items: array as [AnyObject])
// 表示する位置、大きさを設定
uiSegmentedControl.frame = CGRectMake(0,0,100,120)

// ボタンを選択中にする場所を指定
uiSegmentedControl.selectedSegmentIndex = 0

// ボタン選択時にボタンを選択状態にするかどうかの設定
uiSegmentedControl.momentary = true

// セグメントの背景色を設定
uiSegmentedControl.backgroundColor = UIColor.grayColor()
// セグメントの色合いを設定
uiSegmentedControl.tintColor = UIColor.whiteColor()

// セグメントボタン押下時に実行するメソッドを設定
uiSegmentedControl.addTarget(self, action: "segmentChanged:", forControlEvents: UIControlEvents.ValueChanged)

// テキストフィールドを View へ設定
self.view.addSubview(uiSegmentedControl)


// セグメントボタン押下時に実行するメソッド
func segmentChanged(segcon: UISegmentedControl){
    switch segcon.selectedSegmentIndex {
    case 0:
        print("Tap 0")
        
    case 1:
        print("Tap 1")
        
    case 2:
        print("Tap 2")
        
    default:
        print("Error")
    }
}

UISegmentedControl 概要

セグメントボタンを利用時に使用します。

おすすめの本

 

タイトルとURLをコピーしました