【Swift】NSTimer | ポケットリファレンス サンプル付き

NSTimer サンプル

サンプルで動作を確認 コピーペーストで確認できます。

NSTimer 概要

タイマー利用時に使用します。

イニシャライザー (初期化)

■ スケジュールタイマーを作成します。自動で開始されます。
init(timeInterval ti: NSTimeInterval,
target aTarget: AnyObject,
selector aSelector: Selector,
userInfo userInfo: AnyObject?,
repeats yesOrNo: Bool)

■ スケジュールタイマーを作成します。
class func scheduledTimerWithTimeInterval(
_ ti: NSTimeInterval,
target aTarget: AnyObject,
selector aSelector: Selector,
userInfo userInfo: AnyObject?,
repeats yesOrNo: Bool) -> NSTimer

メソッド

■ タイマーを開始
func fire()

■ タイマーを停止
func invalidate()

プロパティ

■ タイマーの状態を取得します。
var valid: Bool { get }

■ タイマーの開始時間を設定
@NSCopying var fireDate: NSDate

■ タイマーのインターバルを取得
var timeInterval: NSTimeInterval { get }

■ 設定されたオブジェクトを取得
var userInfo: AnyObject? { get }


var tolerance: NSTimeInterval

おすすめの本

フォローする