Xen Server 5.5 第4回(Xen Server インストール)

Xen Server 5.5 第3回(インストール)

今回は、5.5 が発表されたこともあり、再インストールすることにしました。

下記の記事もご参考に

Xen Server 5.0 第1回(仮想化について)
Xen Server 5.0 第2回(準備)
Xen Server 5.0 第3回(Xen Server インストール)

実際にインストールをしてみましたが、5.0 の時と同じ手順で問題なくインストールが完了しました。

また、少し触った感触では大きな変更点はぱっと見解りませんでした。

iso イメージの入手先は Citrix のサイト になります。

まず前回作成したメディアを用意します。以下手順になります。

  1. CDブートします。
    boot: と表示されますのでリターンを押します。
  2. キーボードを選択する。
    日本語キーボード jp106  を選択して OK を選択します。
  3. Install を選択する。
    Install or upgrade XenSever Host を選択して、OKを選択します。
  4. 全てのデータ(パーティションを含む)を削除します?と聞かれます。
    問題なければ、OKを選択します。
  5. ライセンスに同意しますか?
    同意する場合は、Accept EULA を選択します。
  6. インストールする元を選択します。
    今回はメディアからのインストールなので、Local を選択して、OK を選択します。
  7. 2枚目のLinuxCDをインストールしますか?
    Linux のパッケージをインストールする場合はYes しない場合はNoを選択します。
    インストールする場合は前回ダウンロードしたXenServer-5.0.0-linux-cd.iso をメディアに焼いて入れなおしてください。
  8. メディアのチェックを行いますか?
    する場合はVerify しない場合は Skip を選択してOKを選択します。メディアが正常か同化のチェックになります。
  9. パスワードの設定
    root のパスワードを設定します。2回入力して、OK を選択します。
  10. IPの設定
    環境に合わせてIPを設定してください。
  11. Host名の設定とDNSサーバの設定
    Host名とDNSを環境に合わせて設定してください。
  12. 地域の設定
    Asia を選択して OK を選択します。
  13. City の選択
    Tokyo を選択して OK を選択します。
  14. NTPを設定しますか?
    使用する場合は、Using NTP を選択して、使用しない場合はManualを選択して OK を選択します。
  15. NTPサーバの指定
    上記でNTPを使用する選択した場合はNTPサーバを入力して OK を選択します。
  16. インストールを開始します。
    今までの設定に問題がなければ Install XenServer を選択します。
  17. インストール完了
    インストールが完了したら、メディアを抜き OKを選択します。
    再起動されます。
  18. XenServer の起動
  19. 問題がなければ起動後簡単なGUIが表示されます。

以上、XenServer のインストールは終了になります。

次回はXenCenter のインストール を紹介します。

スポンサーリンク

フォローする