【Linux】mount wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/sdb centos linux

mount wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/sdb centos linux

■ usb マウント時に下記のようなエラーが発生して、マウントできない場合があります。

mount -t vfat /dev/sdb/mnt/usb
# mount -t vfat /dev/sdb /mnt/usbmount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/sdb,
missing codepage or helper program or other error
In some cases useful info is found in syslog – try
dmesg | tail or so
原因は様々ですが、フォーマットによるエラーの場合は、
マウントしたいマシン上でフォーマット後に他のPCからデータをコピーしてから
再度マウントするとうまくいきます。

■ 下記のコマンドにてフォーマット

mkfs.vfat -I -F 32 /dev/sdb
他のPCにてデータを書き込む

■ 再度マウント

mount -t vfat /dev/sdb/mnt/usb

■ win と mac にて両方試しましてうまくいかない場合は、おすすめします。

もちろん FAT32 でフォーマットしてください。

スポンサーリンク

フォローする