【Linux】クーロンの設定をまとめました。

クーロンの設定をまとめました。

メモ代わりにどうぞ。

設定方法
参照  crontab -l
編集  crontab -e
削除  crontab -r

0 12,18,22 * * * /root/test.pl > /dev/null 2>&1
43 23 * * *                               23:43に実行
12 05 * * *                               05:12に実行
0 17 * * *                                 17:00に実行
0 17 * * 1                                 毎週月曜の 17:00に実行
0,10 17 * * 0,2,3                  毎週 日,火,水曜の 17:00と 17:10に実行
0-10 17 1 * *                          毎月 1日の 17:00から17:10まで 1分毎に実行
0 0 1,15 * 1                             毎月 1日と 15日と 月曜日の 0:00に実行
42 4 1 * *                                 毎月 1日の 4:42分に実行
0 21 * * 1-6                             月曜日から土曜まで 21:00に実行
0,10,20,30,40,50 * * * *  10分おきに実行
*/10 * * * *                              10分おきに実行
* 1 * * *                                     1:00から 1:59まで 1分おきに実行
0 1 * * *                                    1:00に実行
0 */1 * * *                               毎時 0分に 1時間おきに実行
0 * * * *                                   毎時 0分に 1時間おきに実行
2 8-20/3 * * *                      8:02,11:02,14:02,17:02,20:02に実行
30 5 1,15 * *                         1日と 15日の 5:30に実行

下記、関連事項

CRONを30秒おきに起動したい場合は、
* * * * * [プログラム] & sleep 30 ; [プログラム]
※1分毎のクーロンに、2本のプログラムを起動することとし、間を30秒休ませる
cron にて複数のコマンドを使用する際には
a.pl & sleep 30 > /dev/null ; a.pl > /dev/null 2>&1
と書いてしまうと、; より前の部分に 2>&1 は適用されません。

また、
a.pl & sleep 30 > /dev/null 2>&1
と書いても & より前の部分は /dev/null に入りませんので必ず
a.pl > /dev/null 2>&1 ; sleep 30 ; a.pl > /dev/null 2>&1
と書いてください。

結果をメールで送信したい場合、
0 5 * * * /root/test.pl | mail -s ‘test mail’ test@example.com

ログを記録したい場合
0 3 * * * ntpdate -u 192.168.1.11 > /root/log/cron/ntpdate.log

タイトルとURLをコピーしました