【Swift】バージョンを確認する方法とネットのサンプルのバージョン確認方法

確認方法

ターミナルからの確認になりますので、まずターミナルを起動して下記のコマンドを入力します。
swift -v
入力後にリターンキーを押すとバージョンが表示されます。
Apple Swift version 2.1 (swiftlang-700.1.101.6 clang-700.1.76)

表示後に
1>

と表示されますのでそのままターミナルを閉じるか下記のコマンドを打つと元のコマンド入力へ戻ります。
:exit

ネット情報のバージョンについて

最近 swift を始めた方でバージョンの違いによってサンプルのコードがコンパイルエラー等で動かず時間を取られている方を何名か見ましたので、ネット等で公開されているソースコードを参考にするときは書かれているバージョンを確認してみましょう。
Swift はバージョンアップが激しく急に使えなくなるメソッドがよくあるので少々大変です。
下記に Swift のバージョンリリース時期をまとめましたので、リリース時期とサンプルコードが公開された時期を比較して古い場合は最新のサンプルを探してみましょう。
ちなみに、println は 2.0 から利用できません。print に統一され改行されるようになりました。改行したくない場合は、print(“あいうえお”, terminator: “”) とコーディングすると改行されません。

Xcode と Swift のバージョンの履歴一覧

・Xcode ( 6.0.1 )
Swift ( 1.0 )
リリース日:2014/09/16

・Xcode ( 6.1.1 )
Swift ( 1.1 )
リリース日:2014/11/02

・Xcode ( 6.3.1 )
Swift ( 1.2 )
リリース日:2015/04/20

・Xcode ( 7 )
Swift ( 2 )
リリース日:2015/09/16

・Xcode ( 7.1 )
Swift ( 2.1 )
リリース日:2015/10/21

スポンサーリンク

フォローする