【Git】stash(修正一時退避) 簡易ポケットリファレンス

Git を利用した開発作業時に 「rebase」「pull」 をしたい場合、ファイルを退避することが多くあります。

stash を利用することで作業効率が大きく変わります。

stash

pull 、 rebase をしたい時に変更があり、できない場合に利用します。

変更内容を一時的に退避する

git stash save
git stash
git stash save "メッセージを記録する場合"

最後に退避した stash を戻す。履歴は削除

git stash pop
git stash pop stash@{0}

退避したリストを確認

git stash list

退避したリストと内容を表示

git stash list -p

stashを指定して退避したファイルを表示

git stash show stash@{0}

stashを指定して退避したファイルと内容を表示

git stash show  -p stash@{0}

stashを指定して退避した内容を戻す。更に stash は残す

git stash apply
git stash apply stash@{0}

stashを指定して退避したstashを削除

git stash drop
git stash drop stash@{0}