【Git】その他 簡易ポケットリファレンス

Git その他の操作方法 まとめ

ブランチを切り替える方法

ローカルに 「origin/develop」 をコピーして 「develop」 をローカルに作成

git checkout -b develop origin/develop

※ origin とは、リポジトリのURL
※ ローカルにリモートと同じ名前のブランチ「develop」を作成してプッシュすればリモートの「develop」にプッシュされる。

ローカルの 「develop」 をコピーして 「develop2」 をローカルに作成

git checkout -b develop2 develop

すでにあるローカルの「feature/develop_top」へブランチへ切り替える方法

再び先程修正したブランチへ移動します。

git checkout feature/develop_top

コミットを忘れたファイルがある場合の対応方

忘れたファイルを修正、add してから
git commit --amend

コミット取り消し。一つ前。

ステージングまで取り消し
git reset --soft HEAD^

ステージングも取り消し
git reset HEAD^

リモートからリベース、プル

リモートの最新情報をローカルへ取り込む

ローカルの「develop」へリモートの「develop」最新情報を取り込む場合、2種類の方法があります。

環境の情報を更新するためにいったん「develop」へ切り替えます。

git checkout develop

マージで取り込む場合

fetch + marge を同時にします。

git pull origin develop

リベースで取り込む場合

fetch + rebase を同時にします。

git pull --rebase origin develop

develop ブランチを更新していない場合は pull でも問題なし。

ブランチ削除

ローカルのブランチを削除
git branch -d develop

ローカルとリモートで差異が存在する場合、未プッシュなどが存在する場合、下記で強制削除できます。
git branch -D develop

リモートブランチを削除する場合
git push origin :develop

※ 余談、プッシュコマンド
git push origin develop

は、

git push origin develop:develop

の略になります。

よって以下は、「develop」を空にするの意味になります。

git push origin :develop

git 設定

コンフィグの設定を確認する方法

git config --global --list

commit 時の Author と Email を変更する方法

git config --global user.name taro
git config --global user.email taro@example.com

git コマンドの結果をカラー表示する場合

git config --global color.ui auto

設定が保存されるファイルは

~/.gitconfig

削除したファイルが add されない場合(ステージングへ上がらない場合)

git rm test.txt
を利用せず、直接 rm 、 エクスプローラーから直接削除した場合、
git add .
を実行してもステージングへ適用されません。

下記コマンドにてステージングへ上げる。
git add . --update

ssh の鍵を指定して リモートのGitへアクセスする場合

ssh config の設定をしないと接続することができません。
vi ~/.ssh/config

ssh config へ下記の設定を追加することで鍵をしていすることができます。

Host github github.com
HostName github.com
User test_user
IdentityFile ~/ssh_key/id_rsa