【PHP】7.0.0 ソースからコマンド最短インストール方法

バージョンは 7.0.0 ですが、7系のマイナーバージョン等でも問題なくインストールできると思います。
必要最低限のインストール方法なのでセッティング等は必要に応じてご設定ください。

■ 環境

CentOS 7
(基本的に他のバージョン、RedHat系OS でも問題ありません。)

■ ソースダウンロード、コンパイル作業先

/usr/local/src/

■ インストールディレクトリ

/usr/local/php-7.0.0

※ インストール後にシンボリックリンクにて下記で運用すると
複数のバージョンを確認でき、
また、バージョンアップ時にスムーズになるので貼ることをお勧めします。バージョンを複数管理、切り替え等にも便利に利用できます。

■ インストール

1.コンパイル用事前インストールモジュール

コンパイル時に下記のコマンド、モジュールが必要になりますので未インストールの場合は、yum 等でインストールしておきましょう。

同時にインストールする場合は下記コマンドを実行しましょう。

2.ダウンロード、解凍

・ダウンロード先へ移動

・ソースの取得と作業ディレクトリへの移動

3.configure

・必要に応じて変更してください。
・オプションにMySQL のパスが指定してありますので、環境に応じて変更または、オプションを削除して下さい。

■ 最小設定の場合(インストール先ディレクトリのみを指定しています。)

■ 基本的に利用頻度の高いオプションを指定した例

■ configure エラー一覧(下記エラーが発生した場合は各モジュールをインストールして下さい。)
※ configure: error: xml2-config not found. Please check your libxml2 installation.

※ configure: error: Cannot find OpenSSL’s

※ configure: error: Please reinstall the libcurl distribution – easy.h should be in /include/curl/

※ configure: error: jpeglib.h not found.

※ configure: error: png.h not found.

※ configure: error: freetype-config not found.

※ configure: error: mcrypt.h not found. Please reinstall libmcrypt.
・CentOS のリポジトリに存在しないため、yum リポジトリを追加しないとインストールできません。
・今回は直接 rpm をダウンロードしてインストールしました。

※ error: xslt-config not found. Please reinstall the libxslt >= 1.1.0 distribution

4.コンパイルとインストール

5.設定

・php.ini の設置

・シンボリックリンクを貼る

6.インストールの確認

フォローする