【Node】nave を利用した環境作成

nave を利用した node 環境作成 install

git がインストールされていること

nave を作成

ユーザのシェルは bash にします。(zsh ですとエラーが発生して、nave コマンドが動作しません。)

.bashrc に環境変数を設定します。

root にて

nave ユーザにて

インストール完了

nave.sh のオプション一覧

  • install <version>
    バージョンを指定してインストールを行います。
  • use <version>
    バージョンを指定してnodeのバージョンを切り替えます。
  • use <ver> <program>
    バージョンを指定してプログラムを実行します。
  • use <name> <ver>
    バージョンの別名を設定します。
  • usemain <version>
    /usr/local/bin nodejs を作成します。
  • clean <version>
    指定したバージョンのソースコード削除します。
  • uninstall <version>
    指定したバージョンを削除します。
  • ls
    インストールされているバージョンを表示します。
  • ls-remote
    インストール可能な node のバージョンを表示します。
  • ls-all
    インストール済み、インストール可能一覧を表示します。
  • latest
    最新のバージョンを表示します。ベータも含みます。
  • stable
    最新の安定バージョンを表示します。

利用例

  • nave ls-remote
  • nave ls
  • nave install 0.4.7
  • nave use 0.4.8
  • nave.sh ls-all
  • nave.sh latest
  • nave.sh stable

フォローする