【Objective-C】スワイプイベントの設定 UISwipeGestureRecognizer

iPhone開発 スワイプイベントの設定 UISwipeGestureRecognizer

iPhone の開発で、スワイプを処理するイベントを実装する方法です。
スワイプされた時に、
画面を切り替える、
アラートを表示、
画面を閉じる
などに利用します。

// UIPanGestureRecognizer をインスタンス化します。また、イベント発生時に呼び出すメソッドを selector で指定します。
UISwipeGestureRecognizer* swipeRightGesture = [[UISwipeGestureRecognizer alloc] initWithTarget:self action:@selector(selSwipeRightGesture:)];

// 右スワイプのイベントを指定します。
swipeRightGesture.direction = UISwipeGestureRecognizerDirectionRight;

指定できるイベント
右を関連付ける場合
UISwipeGestureRecognizerDirectionRight
左を関連付ける場合
UISwipeGestureRecognizerDirectionLeft
上を関連付ける場合
UISwipeGestureRecognizerDirectionUp
下を関連付ける場合
UISwipeGestureRecognizerDirectionDown

// Viewへ関連付けします。
[self.view addGestureRecognizer:swipeRightGesture];
// 右スワイプされた時に実行されるメソッド、selectorで指定します。
– (void)selSwipeRightGesture:(UISwipeGestureRecognizer *)sender {
// 右スワイプされた時にログに表示
NSLog(@”Notice Right Gesture”);
}
コードサンプル