【BIND】インストール 第3回 (起動編)

BIND(DNS)のインストールについて

今回はBIND(9.6.0-P1)の起動編になります。

インストール編はこちら

設定編はこちら

1.rndcキーの作成

# /usr/local/bind/sbin/rndc-confgen -a
wrote key file “/usr/local/bind/etc/rndc.key”

2.ディレクトリ権限の変更

# chown -R bind:bind /usr/local/bind

3.起動

# /usr/local/bind/sbin/named -c /usr/local/bind/etc/named.conf -u bind

4.確認

# ps aux | grep bind

5.停止

# /usr/bin/pkill -x -u bind named

6.起動に失敗した場合

エラーログが下記に出力されています。

# less /var/log/messages

7.必要に応じてDNSサーバの指定を変更しましょう。

vi /etc/resolv.conf
nameserver 192.168.1.2

8.必要jに応じてiptables の設定もおこないましょう。

-A RH-Firewall-1-INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp –dport 53 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state –state NEW -m udp -p udp –dport 53 -j ACCEPT

以上でbind の起動編は終了になります。

スポンサーリンク

フォローする