【iOS】AutomaticReferenceCounting(ARC)でARC非対応のモジュールの利用方法

AutomaticReferenceCounting(ARC)でARC非対応のモジュールの利用方法 ios 逆引き サンプル

ARC 環境にて開発中に ARC非対応のモジュールを利用した場合、そのままコンパイルを行うとエラーが発生して
コンパイルができません。

ARC forbids explicit message send of ‘retain’

ARC forbids explicit message send of ‘release’

‘release’ is unavailable: not available in automatic reference counting mode

‘autorelease’ is unavailable: not available in automatic reference counting mode

(例)例えば下記のモジュールはARC非対応でした。他にも多くのモジュールがまだ非対応だと思われます。

TouchJSON

AdWhirl

libxml2

そこで、ARC 環境にて上記のようなモジュールを利用する場合は、
左のファイルエクスプローラーからプロジェクトを選択して、

TARGES → BuildPhases → CompileSources

を選択して、非対応モジュールをダブルクリックします。

すると Compiler Flags を記入する窓が表示されますので、下記を記入してください。

-fno-objc-arc

後は、再びコンパイルを行うと、問題なくコンパルが成功します。

スポンサーリンク

フォローする